「OBベア」
どこの街に行っても、どこの国に行っても、ディープな飲み屋酒場は行っとかんとね。フツーのガイドブックに載るフツーの飲み屋だけじゃ全然物足りひん!(笑)
「OBベア」
ってことで、下調べしてむかったのがこちら、「OBベアKONEST
乙支路(ウルチロ)3街という、ローカルが足を運ぶ屋台やら飲み屋が軒を連ねる一角。
「OBベア」
「OBベア」
駅を降り地上に上がり、地図を頼りにテクテク歩くこと数分。いきなりめちゃくちゃえぇ雰囲気になってきたやないか!ビニシーで覆われた完全テント屋台!めちゃくちゃきになるけどグッとこらえ、目的のお店に向かいます〜
「OBベア」
「OBベア」
開け放たれた入り口から入った店内も、外観同様、割と明るい雰囲気にひとまずホッ。韓国入りしてからどこでも日本人を見かけたけど、流石にここにはいない。ジモティーオンリーだ!ウハウハ!
変形型テーブルと、壁際のカウンター席。テーブルは既に埋まっているし、私たち外国人は慎ましやかに(笑)カウンターへオジャマしますよ〜
「OBベア」
「OBベア」
こちら「OBベア」さん、地元のメディアはもちろん、日本のメディアにも取り上げられていた!その記事によると、『OBベア』という韓国のビール会社が直営していたビアホールがそのままの姿で残っているお店だそう。っへ〜!
「OBベア」
壁にも堂々とビール看板が掲げられます。『生』って日本語まで書いてある〜
ではでは、そのOBビールいただきましょ。
「OBベア」
壁に貼られる手書きのメニュー「생맥주」が生ビールやね。3500ウォン(約¥350)
「OBベア」
美味しいかどうかっちゅーとまぁアレやけどw海外、特にアジア圏で飲む軽めのタイプやね。
ビールと一緒にピーナッツも出されました。サービスです♪
「OBベア」
アテはこちらの名物らしい、スケソウダラの乾きもん。店頭でお店のお父さんが炙って持ってきてくれます。マヨネーズと味噌を添えて。
日本の立ち飲み、角打ちでもよくあるカワハギみたいなんのちょっと分厚い見たいのん(あ、タラもあるか)。なんてことないアテやけど、こーゆう店にはお似合い。
その他、ジモティーたちは缶詰系のアテを食べてました。ちゃんとしたお料理!はないみたいね。えぇやん。
「OBベア」
ほんと、ローカルでディープな酒場。良い!もっとじっくり居座って、ジモティーたちとも絡みたかったのだけど、そーゆうノリは無く、アウェイ感ハンパないっす(笑)
ただまぁ、日本のメディアに載った記事も掲げられるので、日本人が来てもそれほど驚きはなし。普通に、ジモティー同様に?すんなり迎え入れて下さりますよ。
ローカル酒場を味わいたい方は、ぜひ!
★今回参考にした旅のお役立ち情報>>韓国旅行「コネスト/KONEST」
ランクアップに清きワンクリックをお願いします♥
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
Follow me on Instagram!! >>https://www.instagram.com/tomikaai/