三徳山
三朝温泉街をあとに、『日本一危ない国宝鑑賞』と称される、三徳山(みとくさん)へ!HP
三徳山
慶雲3年(706年)に行場として開かれて以来、今も修行の場として多くの人々、登山ファン?が訪れています。
三徳山
三徳山内には、11の堂社と4つの坊舎があり、三徳寺本堂から有名な国宝「投入堂」までは往復で1時間半ほど。ですが、その道のりには「かずら坂」や「クサリ坂」などの相当な難所があり、入山するにはさまざまなルール・指示があります。
ということで、今回は入山せず、エリア内をちょっと散策参拝するだけでw
三徳山のアレコレはHPをご覧ください>>http://spa-misasa.jp/japan-heritage/mitokusan/
三徳山
三徳山
三徳山入り口から5分ほどの駐車場(無料)に車を停めてテクテクお散歩しながら向かいます。(入り口付近の道路脇にはたくさんの無断駐車><)
三徳山
三徳山
三徳山参道入り口。
三徳山
しょっぱなからすごい階段が待ちわびています=3
三徳山三徳山
こちらで入山料をお支払い(大人¥400)。オジャマします(-人-)
この時点で、入山するか否かを問われるのですが。明らかに登山の格好をしていない私たちは「入山しませんね」と、サラッと対応されました(笑)
入山される方たちは、靴、靴の裏をチェックされていました。(入山に適した格好が厳しく指示されています。記事中に詳細)
三徳山
皆成院HP
三徳山参道の階段を登り最初に辿り着くお寺。
春の桜、夏のカエル、秋の紅葉など、一年を通して自然を楽しめるそう。
三徳山三徳山
商売繁盛をお参りしておきました。
三徳山
正善院
2012年3月の火災(全焼)により、現在も閉鎖されていました。
三徳山
再び長い階段を登り、
三徳山
輪光院
宿泊客以外でも精進料理がいただけるって!ぐるなび食べログにも載っています!(笑)
三徳山
門前には
三徳山
干支の仏様も。
三徳山
精進料理がいただけるとのことで、この時も予約して来られる団体さんがいらっしゃいました。
三徳山三徳山
庭園は鯉が泳ぐ池と紅葉で、THE日本の秋、してました。
三徳山
またまたの急階段を登り、
三徳山
宝物殿
指定文化財を含むたくさんの寺宝が収蔵されています。
三徳山
三佛寺本堂
ゆるゆる歩いて辿り着いた本堂。
鳥取県指定保護文化財に指定されているお寺です。
三徳山
礼拝石。平安の昔からここに立ちお参りされたそうです。
三徳山三徳山
この本堂の裏側からが三徳山の行者道。
三徳山三徳山
最初の参道入り口からもしっかり入山の心得、指示などが記されていましたが、ここでも再び再確認。
・1人での入山はNG、2人以上で。・靴の確認が必要。・服装云々…などなど、細かい指示がなされます。
よっぽど険しい道のりなのですね。いつぞやの参考にします。
三徳山
三徳山全景、再び。
三徳山
入山せずとも、ある場所から山の上の「文殊堂」「地蔵堂」を望むことができるとのことで行ってみました。
あれかな?!
三徳山
あれだな!!
木々に囲まれたすごい場所にあります。あんなところ、ほんまに小1時間くらいで辿り着けるの??
遠巻きで眺め、三徳山を後にしました。。。
三徳山
車を走らせ数十分。「佐谷展望」へ。
三徳山
三徳山
左に鷲峰山、右に高山を望む絶景ビューポイントでした!
三徳山
三徳山に入るにはまず三朝温泉に入り心身を清めるのが良しとされているそう。なるほど〜
よし。まだ体力があるうちに入山して、国宝「投入堂」、『日本一危ない国宝鑑賞』に挑戦するぞ!
ランクアップに清きワンクリックをお願いします♥
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
Follow me on Instagram!! >>https://www.instagram.com/tomikaai/