Wat Phra That Lampang Luang
チェンマイから車で1時間半ほど、ランパーンへやってきました。
チェンマイに隣接するランパーンは、東南アジアの先住民族モーン族の街として発展、後にクメールやラーンナー、ビルマなどの支配を受け、様々な文化の影響が残る、独特な雰囲気の街です。
城壁、寺院、木造建築など、至る所で歴史を感じることができます。
Wat Phra That Lampang Luang
Wat Phra That Lampang Luang
(ワット・プラタート・ランパーン・ルアン)

タイに現存する最古の木造建築のひとつとも言われる、ランパーンで代表的な寺院を訪れました。
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
正面階段横のナーガ像に迎え入れられ、立派な山門をくぐり中へ。
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
折り重なる屋根がラーンナー様式の特徴のひとつだそう。
細かな彫刻、装飾が美しい本堂には参拝客がたくさん。
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
本堂右横の礼拝堂。
Wat Phra That Lampang Luang
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
45mもあるという立派な仏塔。その周囲を金色の灯籠がぐるりと囲い、仏塔の4隅にはタイ北部寺院のシンボルだという傘飾りがそびえます。
参拝客は裸足になりこの仏塔を3周し、願掛けをするそうです。
あまりに暑くて1周しかしてない…願い、叶わへんなぁw
Wat Phra That Lampang Luang
仏塔左隣のウィハーンと呼ばれる礼拝堂。
Wat Phra That Lampang Luang
中のご本尊。神々しい!
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
壁の穴から映し出される仏塔。本来なら上下逆さになるであろうはずが、正常位での姿。これを神秘的なものと捉えるか、単なる科学的現象と捉えるか…はアナタ次第…。
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
Wat Phra That Lampang LuangWat Phra That Lampang Luang
Wat Phra That Lampang Luang
少し離れたところにある展示館。
『スイカの中から翡翠の石が出てきたことを有り難がり、その石で仏さんを作った』というストーリーのあるエメラルド仏が飾られています。
Wat Phra That Lampang Luang
「タイ北部で最も美しい寺院」とも言われる所以、見事な木造建築と優美な装飾は、訪れる価値、体感する価値大です!
タイ国政府観光庁(TAT)
☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★16/5/14更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ