2016年04月08日

【amazing THAILAND】スコータイからシーサッチャナライへ。象乗り初体験!

「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
スコータイ新市街から北へ約50キロ強、スコータイ第2の都市して栄えた、シーサッチャナライへ向かいます。
「Sri Satchanalai」「Sri Satchanalai」


「Sri Satchanalai」「Sri Satchanalai」
町中は、あまり手を加えられていないような自然な風景が続きます。
家も昔ながらの高床式の建物が多いな〜でも意外とカラフルで可愛い!
(スコータイ自体も街中以外は大体こんな感じでした)
「Gold Textile Museum」「Gold Textile Museum」
「Gold Textile Museum」
「Gold Textile Museum」「Gold Textile Museum」
シーサッチャナーライへ向かう途中に、休憩も兼ねて立ち寄ったこちら。
敷地内には、昔の生活用品や道具類がたくさん保管されています。
「Gold Textile Museum」「Gold Textile Museum」
「Gold Textile Museum」「Gold Textile Museum」
"テキスタイル"の通り、織物をメインに展示する博物館ということなのだけど、気付かなくって骨董品ばかりに気をとられていましたw
タイプアン族(ラオスから移住してきた民族)に代々伝わる美しい織物や伝統工芸品が多数集められ、中でも金の糸で織られた布が目玉。織物のデモンストレーションや布・金銀のアクセサリーショップも併設されます。
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
シーサッチャナライ、パンタックという村のプノック地域(舌噛みそうっ笑)というところにある象保護センターを訪問しました。
100年以上前から象とともに過ごしてきた村落。生活のために象を売ることもやむを得なかったのですが、最終的に象がいなくなってしまうことを危惧し、この象保護センター設立に至ったそう。80頭いた象も現在は6頭のみです。
象を保護するとともに一般観光客にも開放され、自然の中で生活する象を間近で観察し学ぶことができる施設でもあります。
単に象に乗ったりエサをやったりとう、他の国や地域にもあるアトラクション施設とは違い、ホームステイプログラムの提供により、昔ながらの生活体験と象の保護活動に参加することも可能なのです。
プログラム内容としては、象のエサやり、水浴の手伝い、調教などがあり、参加費用の一部は基金になります。国や団体ではなく村民が主体となって運営する、手作り感満載の施設なのです。★詳細はHPで!
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
お話をうかがったところで、象のエサやり体験!
バナナは一房まるごと皮ごと一気にいっちゃう!すごいーっ!!
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
今度はスイカひと玉!どーなってんの?!
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
そして!人生初!象乗り体験ーっ!!
象使いのお兄さんが象をなだめてくれてる間に、ガッッと飛び乗り!
頭のかなり前方(首の根っこ辺り?)に座り、耳の付け根辺りを両足ではさみ込むように座ります。バランスとるのが難しいーっ
そして…めちゃくちゃ剛毛で痛過ぎる!レギンスを通して肌に刺さる刺さる!私の毛の一部に同化するんちゃうかと思った!(爆)
暴れずきちんとおとなしくしていてくれたのだけど、やっぱりちょっと恐かったー><でも楽しかった!今度はこのまま山登りしたいなーっ♪
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
ウェルカム時にはフルーツやおやつでおもてなし頂きました。
みかんタマリンド(便秘に良い!)
そして、粽みたいな、バナナの葉に包まれたこちら。
カオトンマッ、カオニャオ・クルアイ、カオニャオピン…など、地方によって呼び方は色々あるみたいなのですが…バナナを包んだもち米をココナッツミルクで蒸したもの、的な。うーん…美味しいかったかな?どうかな?(笑)
「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」
象さん、ありがとう!長生きしてねーっ!!
★「Sri Satchanalai Elephant Conservation Center」HP
タイ国政府観光庁

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★16/2/18更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ


tomikaai at 21:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!★海外旅行 | ├2016/02タイ・スコータイ、バンコク

トラックバックURL

この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Profile
kaai

自称「立ち飲み女王」、本業イラストレーター「とみかあい」です(○′∀`)ニャハ

約15年続けているこのブログは1年365日以上お酒を飲んで、あれこれつまみ食いするアラフォー女の日常のあれこれをご紹介!

最近、livedoorブログ「関西女のプチ日記」の新版を開設、賃貸とマイホームのような関係性で今後も双方合わせ更新していきますので、お好みによってそれぞれご覧いただけますと幸いです^^

▼--【★チェック★】--▼
kansai-onna.com
▲---------------------▲

本業イラストサイト>>イラストレーター富 圭愛

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
食べログ グルメブログランキング
インスタもお願いします!Instagram
゚ *+:。ラブ.。:+* ゚
立ち飲み・B級C級グルメ・大衆酒場・ガード下、赤提灯、ディープ(地下街、天満、十三、京橋、新世界、西成、新橋etc.)、東南アジア、海外飲み歩き
ビール・発泡酒・焼酎ロック・辛口日本酒・ワイン・チューハイ・ハイボール・梅酒‥
年中無休でアルコール!
吉田類さんと酒場放浪するのが夢。
赤井英和さんと立ち串かつが夢。
太田和彦さんとハシゴ酒が夢。
中尾彬さんと呑むのが夢。

好物:串かつ・油脂・マヨネーズ・激辛・生肉・鳥獣肉・豆類・食べ物の端っこ・缶詰・珍味ゲテモノ・菓子パン・太田胃散・大正漢方胃腸薬etc.
人生一度きり。何でも食べたい!あちこち行きたい!
スポンサードリンク
Categories
Recent Comments