Ananda Museum Gallery Hotel
スコータイ市内中心部にあるブティックホテルを訪問しました。
Ananda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
笑顔で迎え入れられ、まずは半オープエアなレストランにてひと休み〜
ふと足下に目をやると、テーブルの脚が変わってる?!これ、ミシンだ!
使われなくなったものを、リユースされてるんですね。ステキー!
この後も、スコータイ各所で同じような感じのものを見ましたヨ。
Ananda Museum Gallery Hotel
お茶とタコー(バイトーイという葉っぱの器に入った、上部はココナッツミルクのやわらか〜なお餅みたいなもの、下部はタピオカ入りのゼリーと、2層になったスイーツ)をいただき、
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
breakfastの定番、ジョーク(お粥)(米粒が残らないほどトロトロに煮込んだものがジョーク、日本のお粥に似た米粒が残るものはカオトム)
提供のされ方もいちいちステキ!器も可愛いーっ!
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
辛いものやスパイシーな料理が多いイメージのタイですが、こちらは打って変わってやさし〜〜味わい。朝ご飯にはもちろん、スパイス料理続きの後や、飲み過ぎた時にももってこい(笑)長時間のフライトの疲れも癒されました。
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
さてと。一息ついたらホテル内を視察。
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
スコータイ様式と現代建築を合わせたスタイルの客室が30数部屋。
その他、スコータイ料理を楽しめるレストランやバー、スパも併設されます。
シンプルながら良い雰囲気。のんび〜りゆった〜り。癒されそうな空間です。
Ananda Museum Gallery Hotel
そして、ホテル名から分かる通り、ホテル隣にはミュージアムが。
「Sangkhalok Museum(サンカローク陶芸博物館)」
Ananda Museum Gallery Hotel
スコータイ時代を代表する焼き物、サンカローク
中国から伝わった陶磁器がスコータイ北部の街・サンカロークで焼かれたのが名前の由来。中国商人によって日本にも伝来、江戸時代の茶人が使用し、日本では”すんころく焼き"という名で広まったそう。ご存知ですか…?
タイと日本との最初のつながりがこのサンカロークなのです!
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
サンカロークをはじめ、周辺諸国の陶器など約2000点が展示され、当時の様子を知ることができます。(入場料:1人/100B(約¥400弱))
なお、日本語の解説パンフの貸出しもあるので安心です。
1Fはサンカロークやその他の陶器などの展示
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
右のお皿は、高床式の建物が描かれています。花や生物を描いたものが多い中、建築物が描かれているのは、かなり古い貴重なものなんだそうです。
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
左下写真、中央上段のスコータイを象徴する”蓮の蕾”をかたどったデザインのランプ。今なおこの種のデザインを見かけますが、こんなに昔からあったんですね。切り抜かれた隙間からもれる灯り、ステキなんですよー
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
続いて2F。展示される作品を通して、芸術と哲学を学ぶことができます。
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
Ananda Museum Gallery HotelAnanda Museum Gallery Hotel
哲学?何だか難しそうーなイメージですが、そんなことはない。
作品に秘められたストーリーを聞くと、なるほど!へぇ〜っ!と思うことや、プッと笑える内容もあって、これまたオモシロイんです。それらもパンフで解説を得られます。内容を知った上で眺めると違った楽しみ方ができますね。
Ananda Museum Gallery Hotel
タイでよく見かけるタイのシンボル、”ガルーダ神”
空想上の動物でとっても不思議なヴィジュアルなのだけど、それに秘められたストーリーを聞くとなるほど。興味深いものでした。
(※通常、カメラ禁止ですが、許可を得て撮影しています)

癒されて、スコータイの歴史を感じられるブティックホテル。
市内中心部から約1km、スコータイ歴史公園からトゥクトゥクで数分(徒歩でも行ける範囲)のロケーションもGOODです!
★「Ananda Museum Gallery Hotel」HP / ★トリップアドバイザー
タイ国政府観光庁

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★16/2/18更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ