「木村屋」
1月のおわり。弁天町で所用がありその前にサク飲み。
「木村屋」
オジャマしたのは「木村屋」。
「木村屋」
こちらも以前から機会を伺っていてやっとこ〜
JRの降り立った駅からはちょっと距離があるかなぁ。
雨の暗がりの中トコトコ進むと、おっ、あったあった、酒屋さん!
そうこちら、酒屋の立ち飲み=角打ちなのです。が、あれ?雰囲気違う?
2店舗並ぶ右が酒販、左が立ち飲みのセパレート型。
その立ち飲み側、えらいオシャレてるやんか〜??
まぁでも間違ってはいないし。行きましょ。せっかく来たんですもの。
「木村屋」
「木村屋」「木村屋」
と、入った店内もこれまたオシャレてるー!
調理場向かいのカウンター(椅子があるのね)と、壁際の立ち席。
うん。確認していたものとまるで違う。これは尋ねてみねば…
その答えは。以前、1軒隣で営業していたお店から、昨年、今の店舗に移動されたばかり、とのことでした。なるほどー!あぁ、スッキリした(笑)
以前の下町酒場風から一変、オシャレなバー風に変化を遂げたのでした。
今の雰囲気もステキだけど、あぁ、やっぱり前の状態でもオジャマしたかった…後悔先に立たず…。時は流れ何事も変化するのですな…(笑)
さ、気を取り直してっ、と。w
「木村屋」「木村屋」
「木村屋」「木村屋」
「木村屋」「木村屋」
メニューは頭上黒板と、手元のメニュー表にて。
ドリンクは、生中(大¥680、中¥400、小¥320)、瓶大¥450、酎ハイ各¥290or¥330、日本酒各¥390or¥350、焼酎¥280〜、ワイングラス¥350など一通り。角打ち価格ではないけど、安い居酒屋並みかしら。
そしてアテが充実!簡単な一品、おでん、お造り、炒めもん、焼きもん、揚げもんなど定番に加え、バゲット、ピザ、ベーグルトーストなんてシャレたもんまで!何とも不思議なメニュー構成…と思ったら。お母さんがお惣菜やおでんなど、おふくろの味担当、息子さんがヤングメニュー担当、とのことでした!納得!これなら老若男女問わず、色々楽しめますね!
「木村屋」
「木村屋」「木村屋」
カウンターに並ぶお惣菜やら乾き物、冬場のおでん鍋から見て選ぶのも◎
「木村屋」
瓶ビール大¥450もろて〜。
アテはほんっと、どれも気になるんだけど…あんまり時間なくてw
「木村屋」
名物というおでん、いただきましょ。
「木村屋」
「木村屋」
たまご、ネギ袋
ベースは関西風のあっさり味。ですが、このネギ袋はネギと生姜が入り、その生姜が盛りつけ時の出汁に風味を与えています。芯からあったまる感じ!

平日17時30過ぎ、先客後客無し。ゆえ、貸し切り状態(笑)
おかげで、お母さんお兄さんとたっぷりお話させていただきました。
(その他、酒販側ではお父さんがせっせか仕事をされており、妹さん(あれ、お姉さんだっけ?)も加わるそうで、家族経営のお店なのです)
失礼ながら…以前の趣ある昔ながらの構えから今のオシャレなお店へと変貌し、以前のお客さんが来られなくなったのでは?と尋ねたところ、「最初はビックリしてたけど、2度目からは『やっぱ変わらんわ』と、これまで通り来てくれる」とのことでした。他人事ながら何かホッ(笑)
そやね、長年愛されるお店ゆうんは、見た目こそ変われど、空気や居心地は変わらないんやろね。勉強になります!
次回は親子それぞれのメニュー、楽しませていただきますー♪
★「木村屋」Facebook / 食べログ
 大阪市港区市岡1丁目4-12
 06-6571-2089
 16:30〜22:00 日祝休み

木村屋立ち飲み居酒屋・バー / 弁天町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★15/12/17更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ