「うまとら」
とある会で集まったのは大阪天満。
「うまとら」
炭焼呑処うまとら
っへ〜〜こんなトコにこんなお店あったんだ!な隠れ家。
「うまとら」
「うまとら」
「うまとら」「うまとら」
ビルの一角。入口を行くと、カラフルなイラストが描かれた通路が数メートル続き突き当たりへ。そこを右に曲がるとまるで別の顔をした通路が。
その先がお店なのですね。知らなかったらアタフタしちゃうわ(笑)
「うまとら」
「うまとら」
店内はゆったり広々。料理場前のカウンター席と、中央、壁際はテーブル席。
天井むき出し(?)で若者のたまり場的な雰囲気あり(笑)、でもシンプル
でどっしり構える木のテーブルが大人の落ち着きも見せるような空間です。
「うまとら」
「うまとら」「うまとら」
「うまとら」「うまとら」
「うまとら」
メニューは手元のパウチにずらり。
生中(プレモル)¥450、中瓶各¥500、小瓶(ハートランド)¥480、チューハイ各¥380、ハイボール¥400〜、焼酎¥400〜、日本酒(日替わり?)¥480〜、ワイングラス¥420、ボトル¥2000〜、その他カクテル、マッコリ、ソフトドリンクなど十分なラインナップ。
飲み放題メニューもアリ。
「うまとら」
「うまとら」
「うまとら」「うまとら」
「うまとら」
お料理も豊富!
店名からは何屋さんかちょっと分かりづらいんですがw鶏がウリだそう。
炭火焼き、串もん、お造り、一品、揚げもん、〆もんなど多数。
定番に加え、その日のおすすめや季節のおすすめもスタンバイ。
あーどれも気になりますが…
今宵は幹事さんおまかせでいただきます〜っ
「うまとら」
まずはプレモル生中¥450でカンパイー
超達人店に認定されているだけあって、泡もウマイ!
「うまとら」
枝豆¥250
「うまとら」
ずり皮ポン酢¥350
「うまとら」
コリリッシコッと独特の食感がたのしーおいしーアテにピッタリ。
「うまとら」
ササミたたきの和風シーザーサラダ¥650
しっとりササミにシャキシャキ野菜たちのあっさり仕立て。
ひとりででもモリモリ食べられそうだっ
「うまとら」
鶏ササミの磯辺揚げ¥480
ステキなビジュアルー!超レアに仕上がったササミのピンクに、青のりの緑が美しす!揚げ物だけど軽くいただけます。
「うまとら」
これは麦ロックね。
「うまとら」
つくね¥170/1本
「うまとら」
色濃い卵黄と甘辛のタレにドップリつけて。
(あぁ、これ、そのまま白飯に乗っけて食べたいっ!w)
「うまとら」
「うまとら」
外こんがり香ばしく中ふっくらやわらかジューシィ!
「うまとら」
甘玉ねぎの丸蒸しバター¥500
丸ごと玉ねぎ!ほっくりとろ〜り。ほんっと、甘ーい!!
「うまとら」
これは白ワイン¥420で。
「うまとら」
もも炭火炙り焼¥780(並盛)、¥1200(大盛)
こちらの名物!炭火の香りしっかりながら、ヘタなお店のって炭火臭いこともあるんだけどwこちらのはちょーど!ブリリッと歯ごたえあり、噛むほどに肉の旨みもにじみ出ます!食べやすい大きさにカットされているのも◎
ままで食べたあとはレモンをギュッと良し、柚子胡椒をちょちょいも良し。
「うまとら」
鶏の唐揚げ¥580
あーコレ、スキなタイプ。片栗粉の白くなったやつね!
間違いなしにウマイ。これはビール再び。グビグビ。
「うまとら」
ビールの後は赤ワイン¥420で。
「うまとら」
鶏塩やきそば¥600
お待ちかねの炭水化物はやきそば!
やきそばは絶対ソースでしょ!と思っていたのですが。
最近、塩もスキ。歳のせいかしら?w
「うまとら」
塩であっさりながら、鶏の旨みや野菜の甘みも感じられる一品。
あっさりなのに、あっさりだから?食べ進むほどにウマイ!
「うまとら」
思わずおかわりをお願いしてしまった!w
「うまとら」
自家製クリーミー杏仁豆富¥280
ぷるるんとろ〜り、濃厚クリーミーでひと飲みだ!

隠れ家でいただいたお料理、どれひとつハズレなくみんな美味しかった!
創作性がありつつ奇をてらわず、鶏を美味しくいただけるものばかり。
これは串もんも気になっちゃう!お値段も良心的だし。またひとりで来よ!
スタッフのお兄さんたちも皆さんフレンドリーで好印象。
グループ客にも良し、誰かを誘っても喜ばれそうです☆
★「炭焼呑処うまとら」食べログ
 大阪市北区浪花町1-17外川ビル1F7号室
 06-6373-0727
 18:00〜翌3:00頃 不定休

炭焼呑処 うまとら 天満本店居酒屋 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★15/08/10更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ