「北新地 湯木本店」
先月の「湯木」さんの新店に続き、今回は本店にオジャマ致しました!
「北新地 湯木本店」
お店は北新地のど真ん中。
「北新地 湯木本店」
「北新地 湯木本店」
人目を避け、ビルの奥まったところに入口が。
まさに、大人の、美食家の隠れ家。といった風情を醸しております。
「北新地 湯木本店」
店内は、入口すぐにほんの数名が入れる特等席(?)のカウンター。
早速、湯木さんがにこやかに迎えてくださります。
名店でありながら、緊張感を解きほぐしてくれるようなやさしい笑顔に、今宵すでに酔いそうです…(笑)
「北新地 湯木本店」
「北新地 湯木本店」
「北新地 湯木本店」
さて。案内されたのはそのカウンター奥にある個室。
白と黒を基調とした、テーブル&椅子の和モダン、シックな雰囲気。
この椅子もと〜っても座り心地が良くって。入店早々ウトウトしちゃうw
10人ほど収容可能ながら、ゼータクにも5人で貸し切りです。キャッ
「北新地 湯木本店」
ではでは今宵の宴、はじまりまーす
「北新地 湯木本店」
まずはプレミアムモルツで乾杯!
「北新地 湯木本店」
小瓶ってゆうのがとってもゼータク気分♪
「北新地 湯木本店」
グググッと一気に飲み干しおかわりしつつ、
食前のお酒もグイッといきまして。
「北新地 湯木本店」
お料理は、夏真っ盛り!をテーマにご用意いただき…
題して盛夏の懐石』¥20,000(税・サ別)
前回は花菖蒲が描かれていましたが、今回は風鈴です。
「北新地 湯木本店」
それをめくると…一斉に歓声が上がる見事なこちら、
座付膳 八寸
みんな、何から食べようかイケナイ迷い箸…w
「北新地 湯木本店」
「北新地 湯木本店」
新銀杏翡翠揚
団扇型の小さなお皿に乗ったホオズキ。中から色鮮やかで大粒の銀杏が。
もっちもちでホロ苦く。目を閉じると秋の足音が聞こえてくるよう…。
「北新地 湯木本店」
河内鴨ロース、玉子蒲鉾、山桃焼酎漬け、カツオ胡桃、隠元豆旨煮
金色の器には5種。ひとつひとつの丁寧な仕事ぶりが感じられます。
色のバランスはもちろん、お味の組み合わせも楽しい。
「北新地 湯木本店」
湯木唐墨大根、たたみ鰯
柿の葉に乗せて。まさに酒呑みのための取り合わせ。
大好きな唐墨がたっぷり!これは日本酒を待とう。
「北新地 湯木本店」
蒸し鮑 土佐醤油ジュレ掛け
厚切りアワビのヤワラカイことこの上ない。
ジュレ、切子ガラスの器で清涼感あふれます。
「北新地 湯木本店」
鰻ざく
こんがり焼かれた表面に、中ふっくらふかっほあっ。
ほんの一切れがこんなにも幸せを与えてくれるなんて…ポッ
「北新地 湯木本店」
この器の仕立てがまたステキ!朝顔の器に、土台が竹棚になってるの。
八寸の楽しさはお料理だけでなく、こういった細かなことに感動を得られるのも魅力ですよね。こんな私でさえ、なかなかお箸が進まないっ(笑)
「北新地 湯木本店」
帆立と湯木明太子和え
小物入れのような真ん丸な器も可愛らしいこと。
帆立の甘み旨みと明太子の舌触り塩気の絶妙なバランス。
「北新地 湯木本店」「北新地 湯木本店」
お待ちかねの日本酒も入りまして。
深山桜 和和和 吟醸 ひとごこち"夏吟醸"(長野県)
ガラスの急須も涼しげ〜っ冷酒の美味しさが一層際立ちます。
「北新地 湯木本店」
旬味 鱧すき鍋
「北新地 湯木本店」
関西の夏はやっぱりやっぱり、よね!
新玉葱、冬瓜(コレがすごく合う)、春菊とともに。
今回も湯木さん自らそばで調理してくださり。
「北新地 湯木本店」
蓋付き、少し大ぶりのお椀で供されました。
「北新地 湯木本店」
開けた瞬間の香り高いこと!しばし恍惚とする…。
「北新地 湯木本店」
見事に咲いた鱧の花は、ふっくらぷるりんっ
深い旨みのお出汁に玉葱の甘み。柚子や梅肉の爽やかさ、さらに生姜を加えてさっぱりと。お上品な味わいが重なり合います。
ビジュアルは「涼」であり、口にすると「温」。
不思議な感覚ながら、すっと染み渡ります。
前回もいただいた鱧ですが、また違った味わいを堪能させていただきました。
「北新地 湯木本店」
お鍋の〆には 播磨の手延べそうめん
「北新地 湯木本店」
「北新地 湯木本店」
若干太めで、つややかなめらかな舌触り喉越しでスルスルッと。
夏の風物詩であり庶民の味である『そうめん』。
質素なイメージさえありますが(失礼っ)、供し方、組み合わせひとつでこんなに立派な一品に仕上がるんですねぇ。
「湯木」さんで使われるそうめんも、さぞ幸せでしょう(笑)
「北新地 湯木本店」
日本酒も順調に進んでおりますよ〜
ひと夏の恋 純米吟醸(宮城県)
キュンッとしちゃうネーミング!妙に話が盛り上がり…(笑)
「北新地 湯木本店」
続きましてはこちら。冷え冷えの器で供されたのは、
「北新地 湯木本店」
お造りと珍味
「北新地 湯木本店」
手前のお造りは、あおり烏賊、縞鯵
「北新地 湯木本店」
小さな器には、コリッコリの のどぐろ霜降りみぞれ和え
「北新地 湯木本店」
可愛らしい器にはそれぞれ、天草の赤雲丹、湯木のこのわた
「北新地 湯木本店」
「湯木」さんのこのわた、大好きっ。
「北新地 湯木本店」
そしてこのウニの美味しさ!なめらかなのにプリッとしてて超濃厚!
しっかりウニが濃いけどウニ臭さが全くなく、ウニ嫌いでもイケそう!
(いや、こんな美味しいウニ、嫌いな人は食べなくていーねw)
「北新地 湯木本店」
個々でも美味しく、好みでお造りと合わせても良し。
ちびちび頂きつつ日本酒もコピリコピリ…。嗚呼、至福。
「北新地 湯木本店」
お凌ぎ
幸せを噛み締めている最中、続いて供されたのは小さなおひつ(釜?)。
「北新地 湯木本店」
やわらかなもっちり感に仕上がった白蒸しと、ふっくら鮎の塩焼き
「北新地 湯木本店」
鮎のほろ苦さと白蒸しのやさしい甘み。知ってるようで知らない出会いだ。
「北新地 湯木本店」
添えられた骨せんべいをパリパリしつつ、ふかほかのご飯。たまらない。
「北新地 湯木本店」
焼き物、揚げ物
揚げ物がガラスの器に?!斬新っ!
熱々が命の揚げ物ながら、涼やかさを加えつつ、冷めた印象をまるで与えないこの盛りはお見事です。
「北新地 湯木本店」
海老おかき衣揚げ、アスパラガス、とうもろこし、丸十揚げ
ちり酢、山椒塩で。
焼き物は 太刀魚のソテー。表面さっくり中ふっくらふわっ。
揚げ・焼きともに、素材を存分に味わえる仕様で軽くいただけました。
「北新地 湯木本店」
蓮葉盛り
「北新地 湯木本店」
歓声ふたたび、みたび!
カラフルな夏野菜(茄子、かぼちゃ、小芋、新蓮根、無花果、万願寺青唐辛子、赤パプリカ)が大きな蓮の葉と氷に乗ってやってきました。
こんな演出あり?!ズルイ!(笑)
「北新地 湯木本店」
こちらはまろやかな胡麻クリームでいただきます。
「北新地 湯木本店」
喜楽長 琵琶湖の夏 純米酒(滋賀県)
日本酒も夏のオンパレード
「北新地 湯木本店」
強肴
「北新地 湯木本店」
続いては、自ら炭火で焼くスタイル。楽し〜っ♪
「北新地 湯木本店」
お肉は宮崎牛のサーロイン!見事なサシです。ウットリ
「北新地 湯木本店」
ジュージュゥ、パチパチパチッ…
お肉が焼ける音。風鈴に負けず劣らず、ステキな音色だと思いません?(笑)
「北新地 湯木本店」
自分好みで焼いて〜ママ良し、添えられた辛子醤油でまた良し。
「北新地 湯木本店」
文句無しの美味しさ。お肉は年中、旬よね!
「北新地 湯木本店」
御食事
八寸から強肴までたっぷりいただき、そろそろ〆に。(まだ食べるか!
蓋付きのお椀。毎回、開ける度のドキドキがクセになっちゃう。
「北新地 湯木本店」
開けると…土鍋で炊かれた スッポンスープ仕立ての御飯
「北新地 湯木本店」
フカヒレもドーンと鎮座!これ以上のゼータクがありましょうか!?
ママで少しいただいた後は、湯木さんがさらなるとどめをさします…
「北新地 湯木本店」
スッポンスープの餡掛けをとろ〜りタップリ!香煎を散らして。
「北新地 湯木本店」
幾重にも重なる深い旨み。
「北新地 湯木本店」
もう言葉がありません。無我夢中ですする。
「北新地 湯木本店」
With香の物(胡瓜塩麹漬け、柴漬け 、山菜昆布)でノンストップ。
「北新地 湯木本店」
ご飯。おかわりしちゃうでしょ!
「北新地 湯木本店」
水菓子
最後のサイゴまで清涼感あふれます。
氷の器に盛られた色とりどりのフルーツたち。
白桃、マンゴー、ピオーネ、シャインマスカット、ラズベリー、ミント
「北新地 湯木本店」
もちろんそのままで十二分においしいのですが、添えられたアングレーズソースでいただくと、立派なスイーツになってしまう。
「北新地 湯木本店」
食後には 自家製の梅酒をいただいて。今度こそ〆ます。
ごちそうさまでした。大変おいしゅうございました。感無量。
「北新地 湯木本店」
前回の初夏、今回の盛夏。ともに『夏』でありながら、空気感、透明度、色彩…それぞれ異なるもの。単純に『四季』ではなく、そういったさらに細分化された、繊細な季節の移ろいを感じられたような気がします。
それらはもちろん、食材の良さや目利きだけでなく、やはり、料理に対する想い、おもてなしの心を大切にされているからこそだと思うのでした。
今宵も心から、ごちそうさまです。
★「湯木 本店」HP / 食べログ
 大阪市北区曽根崎新地1-7-12 ダーリンビル1F
 06-6348-2000
 ランチ/11:30〜14:30、ディナー/17:30〜22:00 日祝休み

北新地 湯木 本店懐石・会席料理 / 北新地駅大江橋駅東梅田駅
夜総合点★★★★ 4.6

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★15/06/09更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ