「高田酒店」
めちゃくちゃ久しぶりに京都へ!となると当然、酒場開拓しなくては。
飲み食べ会前にサクサクッとフライング!
一軒目にオジャマしたのは酒屋の角打ち「高田酒店
「高田酒店」
元々京都の街は全然詳しくない上、超寒い暗い道を歩くのは少々不安でしたが、何とか辿り着きました。
車が一台通れるほどの狭い道に佇む酒屋さん。右側が酒販、2台並ぶ自販機の左側が立ち飲み店舗になっています。看板や「立ち飲みやってます」的な印がないし、インターホンもついてるしで、パッと見は普通のお家の玄関ぽいですね(笑)
こちら側が立ち飲みだとは知っていたものの、念のため酒販店舗にいらしたご主人に一声かけて、オジャマしました。
「高田酒店」
「高田酒店」
「高田酒店」
「高田酒店」
入った店内は奥に細長いカウンターのみ。入り口すぐには酒ケースと自転車が置かれ、背側にはコート掛けとカレンダーがかかるのみで至ってシンプル。
「高田酒店」
メニューはアテ数品が黒板に並ぶのみで、お酒メニューは無し。
目の前にあった冷蔵庫を覗いて、頂いたのは
「高田酒店」
ビール中瓶
アサヒとキリン?サッポロ?どっちだっけ?wチョイスがあったのですが、もちろん大好きスーパードライで。
「高田酒店」
チーズ
これまた冷蔵庫にパッケージが見えたので。
〆て¥520。(瓶¥400、チーズ¥120てとこかしら?)

平日6時過ぎ(だったかな)、先客無し。カウンターに立って下さったのはお母さん。一見の女子ひとりが来て、おそらく相当驚かれたことでしょうw私もドギマギ緊張してしまって、無言の空間に耐えられず(笑)少しずつ話かけるとにこやかに返答下さり。立ち飲み角打ち好きでアレコレ回っているというお話の流れで、その後も京都の角打ちを教えて頂いたり、意外な事実も発覚したり。途中、ご主人も加わり(プラス、大女将さんもちょこっと顔を出され)、何とかドギマギが落ち着きました(笑)
後にご常連とおぼしき男性が来られ、ご夫婦と穏やかに会話され。
京都という慣れぬ街で、初訪問のお店でのひとり飲み。緊張してしまってさすがにまったりとはいかなかったけどwステキなお店に出会えて嬉しいひと時でしたっ
この界隈、昔に比べて酒屋さん、酒屋さんの立ち飲みが減ってしまっているようで残念ですが。こちらには末永く頑張って頂きたいです。またぜひオジャマします!
★「高田酒店」食べログ
 京都府京都市中京区大日町416-1
 075-221-2380
 17:00〜21:00 日祝休み

眦勅鯏立ち飲み居酒屋・バー / 河原町駅祇園四条駅烏丸駅

☆昼酒・一人酒の酒場での人間観察をイラストで綴ったブログ
関西女の酒場放浪記(仮)」こちらもヨロシク!
★★★12/06更新★★★
あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ