「酒房 淡路屋」外観
かくうち」を後に駅の方へ舞い戻り。
この日行きたかったお店「酒房 淡路屋」へ。珍しく自ら座り飲み(笑)
数年前に一度行ってめちゃ気に入ったコチラ。超久々〜
年季の入った外観通り、中もかなり味があります。
「酒房 淡路屋」店内「酒房 淡路屋」ショーケース
「酒房 淡路屋」おでん「酒房 淡路屋」札
鰻の寝床のように奥にずぃ〜っと細長いカウンターのみ
物静かな老夫婦と息子さん?が黙々とお仕事をされてます。
休みということもあり、昼過ぎの店内は8割り方の入り。
オーバー60の男性一人客、2人連れ、中年など、年齢層はかなり高め
「一人いいですか?」と尋ねると、いつもながら一瞬の戸惑いがあり(笑)、隣客と触れるほどギュウギュウに置かれた席の、ひとつ空いてる所に入れてもらいます。
「酒房 淡路屋」酒メニュー「酒房 淡路屋」フードメニュー
「酒房 淡路屋」フードメニューお酒メニューはこちらもシンプル。
黒板にピシッと書かれた肴はシンプルながら酒呑みの心を捉えるものばかり。
店内奥の方におでん鍋がグツグツ。中央部に揚げ鍋があり、オーダーごとに揚げ立て熱々をサーブしてくれます。

「酒房 淡路屋」チューハイ
酎ハイ¥300
フチぎりぎりまでスッと注いでサッと出してくれる
レモンはかなり少なめ甘さ控えめ、酒!なチューハイ。
「酒房 淡路屋」おから
おから¥140
小鉢にちょっぴりだけど、味がよぉく染みてて、これぞおふくろの味
「酒房 淡路屋」鰻肝
鰻肝¥220
酎ハイをおかわりしてもう一品。たにしを頼むも今日はないとのことでコレ。
既に用意されたものにタレをかけてくれます。
苦味が抑えめでクニッとした食感がウマイ。
勘定は色札で計算してくれます。。〆て¥960の明朗会計。
京橋や天満の賑やかさとは違う、落ち着いた雰囲気
店員さんのテキパキ無駄無し仕事っぷりが気持ちよく、時々常連さんと静かに交わす会話がどこかほのぼの。新しいお店がどんどん増える中、変わらず有り続けてほしいお店のひとつデス。
★「酒房 淡路屋」食べログ
 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-17 巴ビル1F
 06-6623-7227
 10:00-22:00 日休み

酒房 淡路屋 (居酒屋 / 大阪阿部野橋、天王寺駅前、天王寺)
★★★☆☆ 3.5

あなたの1Clickがプァワーの源です♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ